日々のつぶやき

投稿日:2022年7月26日

カフェインと距離を置く生活

横浜市を中心に警備業を行っております。
誠総合企画(株) スタッフの杉野です。

コーヒーやお茶などに含まれるカフェイン。
ご存じかとは思いますが、興奮作用で眠気覚ましとして利用したり、自律神経の働きを高めたり
利尿作用を促進したりする効果があります。

カフェイン摂取をする人は、自律神経の働きを高める リラックス効果に期待して利用されているのではないでしょうか。

ただ、過剰摂取をすると
心拍数の増加や吐き気、倦怠感や頭痛などを引き起こす可能性があります。
リラックス効果を期待していたのに、上記のような症状が起こってしまっては目も当てられません。

そんなわけで 脱カフェイン してみませんか。

 


提案しておいて、自身が実施しないのもおかしな話のため、
数日間やってみることにしました。

 

とはいえ、私はコーヒーを頻繁に摂取するわけでなく
お茶も頻繁に飲むわけではありません。
これはもうカフェイン離れしているのではないか?

そう思いながら口にするエナジードリンク

こ れ だ

 

カフェインの申し子ともいえるそれを平然と口にする私は
立派なカフェイン中毒者なのかもしれない。

以前のように毎日飲んでいるわけではないものの、
週に2回は飲んでいる気がする・・・。

ここぞって時に飲むものを頻繁に飲むのは良くない。
私は数日間、エナジードリンクを封印しよう。

 

という事で、脱カフェイン活動をスタートしました。

 

恐ろしき離脱症状

カフェイン摂取をやめて十何時間かが経過しました。
特に体に異常はなく、これは余裕でカフェイン離れできるぞ。

そう思う私のカラダは重く、軽微な頭痛に苛まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その日は少し寝不足だったため、その影響かと思った私ですが
どうやらこれは”離脱症状”というヤツらしいです。

 

最後にカフェインを摂取してから十時間後に 倦怠感や頭痛、吐き気などを催すのだとか。
カフェインを普段から摂取している人はなりやすく、これに苦しめられるのだとか。

恐ろしき離脱症状。
これが24-48時間、つまり1-2日の間続くそうな。

 

3日目あたりになると倦怠感などは綺麗さっぱりなくなりました。
重度のカフェイン中毒者ではなかったため、あっけなかったのかもしれません。

これが重度のカフェイン中毒者の場合、もっと激しい離脱症状に苛まれたことでしょう。

 

離脱症状にならない為に

重度のカフェイン中毒者が離脱症状にならない為には
徐々にカフェインの量を減らしていくことが重要見たいです。

例えば、いつも缶コーヒーを4本飲んでいる人は
1日ごとに1本減らしていくとか。

そうすれば身体がゆっくりとなれていき、激しい苦痛を受ける事は無いそうな。

 

もしカフェイン中毒を自覚しているならば試してもらいたい
カフェイン離れです。

 

神奈川県横浜市『誠総合企画株式会社』|警備員・電工を求人募集中!
誠総合企画株式会社
〒241-0021 神奈川県横浜市旭区鶴ケ峰本町1-38-20
TEL:045-744-7860 FAX:045-744-7863

日々のつぶやき

関連記事

どうしてもピーマンが欲しくて

どうしてもピーマンが欲しくて

横浜市を中心に警備業を行っております。 誠総合企画㈱ スタッフの杉野です。 昨日、どうしてもピーマン …

聳え立つ謎の塔

聳え立つ謎の塔

横浜市を中心に警備業を行っている誠総合企画です。 本日、戸塚区の某所で不思議なものを発見しました。 …

温泉に行きたくなる季節

温泉に行きたくなる季節

横浜市を中心に警備業を行っております。 誠総合企画 スタッフの杉野です。 11月は冬です。 日中こそ …

お問い合わせ  採用情報