投稿日:2023年6月18日

知りたい!交通誘導警備で使用する用具3選

こんにちは!
誠総合企画株式会社は、神奈川県横浜市を中心に神奈川県内で交通誘導警備や土木工事、電気工事を行う会社です。
さて、町中で見かける事も多い「交通誘導を行う警備員」ですが、どんなものを持って仕事しているかパッとイメージできますでしょうか。
作業に使う用具を知っておくことで仕事のイメージがより明確になるかもしれません。
そこで今回は「交通誘導警備で使用する用具」を3つご紹介いたします。
ぜひ最後までご覧ください。

交通誘導警備で使用する用具3選

誘導棒

誘導灯

交通誘導業務を行う際に必須となる棒状の用具です。
赤灯・誘導棒・信号灯などさまざまな名称で呼ばれています。
警備員は基本的に誘導灯を握って業務を行っているため、見たことのある人がほとんどなのではないでしょうか。
道路などで見かける警備員の方が握っているあの「赤い棒」ですね。
ただし、高速道路などでは赤以外にも青や黄色に発光するものが使用されることもあります。
工事現場や交通量の多い道路で車両や歩行者を安全に誘導するために、重要な役割を担っていますよ。
棒の長さはだいたい50cm前後で、持ち手部分とライト部分に分かれています。
手元にある電源スイッチを切り替えるとライト部分が赤く光る構造となっており、近年では見やすさを考慮してLEDライトが使用されています。

白手袋

白手とも呼ばれます。
誘導する手を車両や歩行者から見やすくするために使用するもので、交通誘導を行う警備員は常に身につけておかなければなりません。
遠くから見たら分からないかもしれませんが、軍手や工事現場で使用する手袋とは異なり、表面がつるつるしているという特徴がありますよ。
また見やすさを上げるため、真っ白で何もデザインされていない作りとなっています。

警笛

警笛は、車両を誘導する際に使用します。
緊急事態の場合を除き、歩行者には口頭で誘導を行うのがルールとなっていますので覚えておいてくださいね。
目だけでなく音による合図を加え、より分かりやすくすることが目的です!
主に使用するのは「工事車両のバック誘導」「作業員へ危険を知らせる」「一般車両への緊急停止合図」といった場面です。
つまり警笛を使うケースは危険が伴う場面が多いのですね。
研修の際にしっかり使い方をマスターしましょう!

【求人】制服や用具貸与!警備員の仕事

リクルート
今回のコラムが、交通誘導の警備員の仕事のイメージに少しでも役立てば幸いです。
神奈川県横浜市に拠点を置く誠総合企画株式会社では、警備員の他に電気工事士・土木作業員等も募集しています。
詳しくは採用情報をご覧ください。
皆様からのご応募をお待ちしております。

新規ご依頼受付しています

誠総合企画株式会社は神奈川県内で交通誘導警備・電気工事・土木工事のご依頼を承っております。
神奈川県内で警備員や土木工事のための会社をお探しの方はいらっしゃいませんか?
ご相談やお見積もりは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

神奈川県横浜市『誠総合企画株式会社』|警備員・電工を求人募集中!
誠総合企画株式会社
〒241-0021 神奈川県横浜市旭区鶴ケ峰本町1-38-20
TEL:045-744-7860 FAX:045-744-7863


関連記事

黄砂の影響でしょうか

黄砂の影響でしょうか

横浜市を中心に警備業を行っている誠総合企画です。 車を見たら窓ガラスやドアに大量の砂がついていました …

外出規制のゴールデンウイーク(2年目)

外出規制のゴールデンウイーク(2年目)

横浜市を中心に警備業を行っている誠総合企画です。 5月2日から5月5日までの4日間、長い休暇がありま …

コンタクトレンズにも慣れました

コンタクトレンズにも慣れました

横浜市を中心に警備業を行っております。 誠総合企画 スタッフの杉野です。 コンタクトレンズにしてから …

お問い合わせ  採用情報