日々のつぶやき

投稿日:2021年11月6日

万年筆にわか

横浜市を中心に警備業を行っております。
誠総合企画 スタッフの杉野です。

文字を書くときに利用するものといえば何でしょうか。
ボールペン や 鉛筆、シャープペンシルなどが無難でしょうか。
扱いやすくて 維持費、買い替えにかかる費用も抑えられる点から
色々な場面で活躍している印象です。

前置きはさておき、万年筆を使ったことはありますか?

万年筆といえば 見事な顎鬚を蓄えた老紳士が使用しているイメージですが、
私のような 純日本の紳士も利用しています。

少し古臭く、使い勝手の悪いイメージが先行する万年筆。
①インクが切れたら補充をしなくてはいけない
②定期的にメンテナンスをしなくてはいけない
③文字が書きづらそう
④そもそも万年筆が高そう

この前知り合いから 上記4点の悪いイメージを上げてもらいました。
にわかの私視点で それらについての回答をしていきます。

①インクが切れたら補充をしなくてはいけない

万年筆はインクが切れたら補充をしなくてはいけません。
その度にペン先をインクボトルに入れて、コンバーターの上部を回す必要があります。

しかし、そんなに面倒な事でしょうか?
実際にやってみても たったの1分で完了する作業です。

どの文房具にも言えることですが、永久機関ではありません。
鉛筆であれば 小さくなれば使い捨てて交換。
ボールペンであれば替え芯の交換、もしくは使い捨てて交換。
万年筆の場合は インクの補充 というだけ。

ひとつデメリットを上げるとすると、急にインクが切れた場合、
ボトルを持っていない時に補充が出来ず困るくらいでしょうか。
しかし、現在は インクの替え芯が売っているので上記問題も解消できるでしょう。

とすると、①については大きなデメリットにはなりえないことがわかります。

②定期的にメンテナンスをしなくてはいけない

これについては記載の通りです。
2週間に一回、最低でも1か月に一回は洗って乾燥させて・・・。
というメンテナンスをしなくてはいけません。

洗うだけならば10-20分程度で終わるのですが、その後乾燥させて
使えるようになるまでにはかなりの時間を要します。

洗い10分、乾燥1日-2日 程度なので すぐに必要な際には、
ボールペンを使用せざるを得なくなります。

②については はっきりとしたデメリットであることがわかります。

③文字が書きづらそう

万年筆はボールペンと構造が違うため、決まった角度からしか文字が書けません。
その為、慣れるまでは 書きづらいと感じるはずです。

しかし、慣れてしまえば ボールペンよりも書きやすいと感じるようになります。
万年筆は 力を入れずに文字を書くことが出来るため、負担が軽減できるのです。
また、心なしか文字がきれいに見える気もします。

③もデメリットではないと私は思います。

④そもそも万年筆が高そう

万年筆の値段についてはピンキリです。
高いものを要求すれば数十万円なんてものもあります。
が、それはブランドや機能、金属の種類によると思います。
細かい部分にこだわらないのであれば 100円均一にだって売っています。
(さすがに100円均一は怖いが・・・。)

個人的におすすめなのが 1000円程度で売っているものです。
PILOT(パイロット) のカクノ は非常にコスパが良いのが特徴です。
高級志向の方には向きませんが、試してみたいという方には最適です。

1000円で入手可能なため、④もデメリットにはなりません。

 


 

さて、簡単に思いつくデメリットを4つ挙げて解消しましたが
続いて個人的に良いと思っていることを1点だけ上げたいと思います。

 

【個人的推しポイント】インクを選ぶ楽しみがある

万年筆はインクによって文字を書きますが、そのインクのバリエーションが豊富です。
その為、お気に入りのインクを選ぶ楽しみというものがあります。

例えば、ただの”” ではなく “月夜” とか、”紺碧” という色が存在します。
手帳に記す際は 好きなインクを用いるため、書くことに喜びを覚えます。

Pilot から 販売されている 色彩雫 だと様々なバリエーションがあります。

個人的におすすめは “月夜” “松露” です。
月夜に至っては 目に優しい色あいのため、勉強に用いやすいです。

この24種類の中に気になったものはありましたか?
実物を見てみたい場合は 近所の大きな文房具店を訪ねることをお勧めします。

もちろん、インクは Pilot 以外からも発売されているので他所で探してもOK、
お気に入りのメーカーを見つけるのも楽しみの一つとなるでしょう。

 

 


不安の解消及び、個人的なおすすめをしたわけですが
少しは気になってもらえたでしょうか。

調べてみて気になったインクがあった。
気になるデザインの万年筆が見つかった。
そうであればにわか の私もうれしく思います。

この記事をきっかけに万年筆デビューしてみませんか?

神奈川県横浜市『誠総合企画株式会社』|警備員・電工を求人募集中!
誠総合企画株式会社
〒241-0021 神奈川県横浜市旭区鶴ケ峰本町1-38-20
TEL:045-744-7860 FAX:045-744-7863

日々のつぶやき

関連記事

友人と映画を見てきました

友人と映画を見てきました

横浜市を中心に警備業を行っております。 誠総合企画 スタッフの杉野です 先週の土曜日、友人らと飲みに …

スパイスカレーが食べたくて

スパイスカレーが食べたくて

横浜市を中心に警備業を行っております。 誠総合企画 スタッフの杉野です。 先週 神田で美味しいカレー …

初めてハローワークに行きました

初めてハローワークに行きました

横浜市を中心に警備業を行っている誠総合企画 スタッフの杉野です。 本日、用事がありましてハローワーク …

お問い合わせ  採用情報